連覇目指すチェルシー、バーンリーに敗れ波乱の幕開け…主将ケーヒル&セスクが退場

2
プレミアリーグ開幕戦が12日に行われ、チェルシーとバーンリーが対戦した。

連覇を狙うチェルシーだが、エデン・アザールやペドロが負傷中。さらにヴィクター・モーゼスが出場停止と苦しい台所事情で開幕戦を迎えた。セサル・アスピリクエタを右ウイングバックに配置し、3バックの一角に新加入のアントニオ・リュディガーを起用した。対するバーンリーは最前線にサム・ヴォークスが入る4-5-1の布陣で臨む。

【スコア】
チェルシー 2-3 バーンリー
【得点者】
0-1 24分 サム・ヴォークス(バーンリー)
0-2 39分 スティーヴン・ウォード(バーンリー)
0-3 43分 サム・ヴォークス(バーンリー)
1-3 69分 アルバロ・モラタ(チェルシー)
2-3 88分 ダヴィド・ルイス(チェルシー)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00626010-soccerk-socc
続きを読む