モバP「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」

2: ◆3wmi.HUQIo 2018/01/14(日) 14:44:21.65 ID:9Pscy+1I0



事務所

P「あれ、ちひろさん。この予算って―――」 カタカタ

ちひろ「あぁ、それは昨年度分の―――」

楓(二人とも忙しそう)ボー

P「決算案はこんな感じで―――」 カタカタ

ちひろ「あ、待ってください。こっちの―――_」カタカタ

楓(ポテチおいしい)モグモグ

P「じゃあ、これが―――」

ちひろ「それとこっちも―――」

楓(……)

楓「…3歳の山菜…ふふっ」ボソッ

P「プッ」

ちひろ「!?」

楓「!?」
























3: ◆3wmi.HUQIo 2018/01/14(日) 14:46:14.99 ID:9Pscy+1I0


ちひろ「プ、プロデューサーさん、今…」

P「?どうかしましたか?」

ちひろ「あ……いえ」

楓(も、もしかして…)

楓「……アンデス山脈はどこにあんです?」

P「ブフォッwww」

ちひろ「!?!?」

楓(や、やっぱり…!)

楓「…スパイスは酸っぱっす」

P「ちょっwwww」

楓「パスタのスーパースター」

P「や、ヤバいってwwwww」

楓「コーディネートはこーでねーと!」

P「wwwwwwww」

ちひろ「!?!?!?!?」

楓「ふふっ♪」

楓(やった♪やった♪)





4: ◆3wmi.HUQIo 2018/01/14(日) 14:47:55.74 ID:9Pscy+1I0


ちひろ「ちょ、ちょっとプロデューサーさん!?どうしたんですか?頭でも打ちましたか!!?」

P「い、いや、だいじょ…ブフォッwwwヤバいダメだwwwww」

ちひろ「あ、もうダメだ」

楓「それじゃあ、プロデューサーさん1番面白いのいきますよ♪」

P「ヒーッwwwヒーッwww」

ちひろ「はぁ(諦め)」


楓「びっくりなクリーナー」


P「……」

ちひろ「……」

楓「……」

P「…………」

ちひろ「…………」

楓「…………」

P「……………………」

ちひろ「……………………」

楓「…………………ふぇ」ジワッ

P「!?」

ちひろ「!?」




5: ◆3wmi.HUQIo 2018/01/14(日) 14:49:35.24 ID:9Pscy+1I0


P「え、ちょっ!」

ちひろ「え?え??」

P「あ、え!これどうしましょう!?」アタフタ

ちひろ「え、えーと……!と、とりあえず謝ってください!」アタフタ

楓「………ご、ごめんなさい」グスッ

P·ちひろ「「楓さんじゃないです!」」

楓「うぅっ……」ブワッ

ちひろ「あー!ご、ごめんなさい!!ごめんなさい!!!」

P「ごめんなさいぃぃぃ!!!!!!」

楓「………」グスッ……

ちひろ「ごめんなさい…」ビクビク

P「ごめんなさい…」ビクビク

楓「いえ…」

楓「……私こそ年甲斐も無く泣いてしまい」

楓「ごめんなさい」

P「じゃ、じゃあ…許してくれますか…?」

ちひろ「くれますか…?」

楓「…はい」コクン

P「よ…」

ちひろ「よ…」

P・ちひろ「よかったああああああ!!」