鹿島が10年ぶりACLベスト8! 2戦合計で上海上港を上回り“鬼門”突破

1
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが16日に行われ、上海上港(中国)と鹿島アントラーズ(日本)が対戦した。

9日に鹿島のホームで行なわれたファーストレグは、鈴木優磨、西大伍、相手のOGで3-1と先勝。ベスト8進出に大きく前進した。そのファーストレグからはスタメンを1名変更。三竿健斗に代わり、レオ・シルバがボランチに入った。対する上海はファーストレグで得点を挙げたエウケソンが欠場。代わって元ブラジル代表のフッキがスタメン入りした。

【スコア】
上海上港 2-1(2試合合計3-4) 鹿島アントラーズ
【得点者】
1-0 7分 フッキ(上海上港)
1-1 42分 土居聖真(鹿島)
2-1 81分 フッキ(上海上港)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00758829-soccerk-socc
続きを読む