ポドルスキ、主将退任の理由に強い言葉。「信頼があまり見えなかった」とも

1
ヴィッセル神戸のMFルーカス・ポドルスキが、チームを取り巻く難しい状況について浦和レッズ戦後に語っている。

神戸は17日にフアン・マヌエル・リージョとの契約を解除し、吉田孝行新監督が就任。20日に新体制での初陣を迎えたが、浦和との一戦は0-1で敗れている。

指揮官交代と同じタイミングで、キャプテンマークを返すことになったポドルスキは、その決断について「3~4週間前から考えていた」と明かしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00010018-goal-socc
続きを読む