J1川崎、桐蔭横浜大MFイサカ・ゼインの加入内定を発表「東京五輪も目指す」(関連まとめ)

桐蔭横浜大・イサカがJ1川崎への来季入団が内定「東京五輪も目指す」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000577-sanspo-socc
イサカ・ゼイン川崎内定.jpg

J1川崎は25日、MFイサカ・ゼイン(桐蔭横浜大、4年)が来季の新加入選手として内定したことを発表した。

 イサカは横浜市内の同大学で仮契約を結んだ後に開かれた会見で「小さいころから目指していたプロサッカー選手のキャリアを川崎フロンターレというすばらしいクラブで始められることをうれしく思います」と頬を緩ませ、「一日一日全力で取り組み、チームの力になれるように頑張りたい」と決意を語った。

 ガーナ人の父と日本人の母を持つイサカは神奈川・桐光学園出身。2015年には第94回全国高校サッカー選手権でFW小川航基(現、磐田)らと16強に進出し、優秀選手に選出。16年には日本高校サッカー選抜として欧州遠征に参加した。

 大学入学後も1年時から関東大学リーグに出場するなど活躍。今季はひと足先に川崎への来季加入が内定しているMF三苫薫(筑波大4年)やFW旗手怜央(順大4年)とともに全日本大学選抜に選出されている。

 会見に同席した川崎の竹内弘明強化部長は「スピードだったり身体能力はもちろん、ドリブルなど現時点で大学で高いレベルでやっている。スカウトを通してサッカーに対する熱い気持ちやまじめさも聞いている。競争を勝ち抜いてフロンターレの主力になってほしい」と期待を込めた。

 東京五輪世代のイサカは「周りにも目指している選手がいるなかで、自分もあきらめられないというのはあります」。同じく五輪世代でチームメートになる三苫や旗手、高校の同級生だった小川らとプロの世界で切磋琢磨(せっさたくま)し、代表入りを目指す。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11772
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1556162944/

▼記事の続きを読む▼