ゲッツェ、恩師クロップとの爆笑エピソード暴露「あれほど面白い監督に出会ったことはない」

1
ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、元MLBヤンキースの内野手デレク・ジーター氏が運営する米ウェブサイト「プレイヤーズ・トリビューン」のインタビューに応じ、かつての恩師ユルゲン・クロップ氏(現リバプール監督)との思い出を語っている。

2009年、17歳の時にドルトムントでトップチームデビューを果たし、“ドルトムントの至宝”と呼ばれたゲッツェ。デビュー時に指導を受けた恩師のクロップ氏をサッカー界最高の監督の1人だとし、同氏との“良い思い出”を明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190523-00190744-soccermzw-socc
続きを読む