ユーべ、C・ロナウド通算701得点目など冨安欠場のボローニャに2-1快勝!ラツィオは3点差追いつきアタランタと3-3ドロー!新体制のミランはチャルハノール1G1Aも終盤追い付かれ2-2ドロー セリエAまとめ(関連まとめ)

ユーベが冨安不在のボローニャ撃破で5連勝! C・ロナウドがキャリア701点目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-43472929-gekisaka-socc
Cロナウド2019第8節ゴール.jpg

[10.19 セリエA第8節 ユベントス2-1ボローニャ]

 セリエAは19日に第8節を行い、ユベントスはホームで日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャと対戦。2ー1で勝利した。冨安は日本代表での負傷により欠場している。

 ユベントスは4-3-1-2の布陣を敷き、中盤は右からMFサミ・ケディラ、MFミラレム・ピャニッチ、MFアドリアン・ラビオを配置。トップ下にFWフェデリコ・ベルナルデスキを、2トップにはFWクリスティアーノ・ロナウドとFWゴンサロ・イグアインを起用した。

 ボローニャは4-2-3-1の布陣を敷く。負傷した冨安の代わりにはDFイブラヒマ・エムバイェを起用。2列目にはMFリッカルド・オルソリーニ、MFロベルト・ソリアーノ、MFニコラ・サンソーネが並び、1トップにはFWロドリゴ・パラシオが置かれた。

 序盤からユベントスのペースで試合が進むと、前半19分に先制点が決まる。DFアレックス・サンドロのカウンターからラビオのパスは中盤でカットされるも、C・ロナウドが再びボールを奪取。そのままPA右に進入すると、右足シュートをニアに決め切り、自身の公式戦701点目となる先制点を奪った。しかしボローニャは前半26分に同点に追いつく。PA左のDFダニーロ・ラランゲイラの豪快な右足シュートがゴールネットを揺らした。

 1-1で前半を折り返したユベントスは後半9分に勝ち越しに成功。敵陣で相手のミスを誘発し、ボールを奪ったところをピャニッチが右足シュートを叩き込んだ。同17分にはケディラに代えてMFロドリゴ・ベンタンクールを、28分にはラビオに代えてMFブレズ・マトゥイディを投入。中盤の運動量を増やし、試合を支配していった。37分にはイグアインに代えてFWパウロ・ディバラをピッチに送り込んだ。

 最後まで波状攻撃を続けたユベントスは、終了間際にGKジャンルイジ・ブッフォンがスーパーセーブで守り抜き、2-1でリーグ戦5連勝。22日にはUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節でロコモティフ・モスクワと対戦する。


ラツィオが3点のビハインドを追いつきドロー! アタランタは痛恨の逃げ切り失敗《セリエA》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00363157-usoccer-socc

セリエA第8節、ラツィオvsアタランタが19日に行われ、3-3で引き分けた。

6位ラツィオ(勝ち点11)と3位アタランタ(勝ち点16)の上位対決。ラツィオはルーカス・レイバが出場停止の中、パローロが代役を務め、インモービレやコレア、ミリンコビッチ=サビッチらが先発となった。

対するリーグ戦3連勝中のアタランタは、3日後にマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ(CL)を控える中、イリチッチとデ・ルーンがベンチスタートとなった以外は主力を起用。アレハンドロ・ゴメスやムリエルらが先発となった。

開始2分にマリノフスキーのミドルシュートでゴールを脅かしたアタランタが良い入りを見せると、12分に決定機。分厚い攻撃を見せ、右サイドのハテボエルの折り返したグラウンダークロスに、パシャリッチが合わせたゴール至近距離からのシュートはGKストラコシャにセーブされた。

それでも、徐々にポゼッションを高め、押し込む展開としていったアタランタが流れを引き寄せると、23分に先制した。パシャリッチが左サイドタッチライン際でうまくヒールでボールを残すと、ゴセンズが拾って中央へ持ち上がっていく。そして、ゴセンズのラストパスをボックス中央で受けたムリエルが確実にシュートを決め、アラタンタが先手を取った。

さらに28分、左サイドで得たFKをムリエルが中に合わせて蹴り込むと、誰にも触らずゴール右に決まり、アタランタに追加点が生まれた。

止まらないアタランタは37分に3点目。トロイのダイレクトパスでボックス左に抜け出したアレハンドロ・ゴメスがシュートを決めきった。

3点ビハインドで迎えた後半、ラツィオはパローロとマルシッチに代えてカタルディとパトリックを投入。そのラツィオが前がかる展開で立ち上がっていくも、シュートチャンスを生み出すには至らない。

自陣に引いて時間を進めるアタランタはパシャリッチとムリエルに代え、デ・ルーンとイリチッチを投入していった。

しかし68分、ラツィオがPKを獲得する。ボックス右で仕掛けたインモービレがパロミーノに倒された。このPKをインモービレが決めて1点を返したラツィオは、1分後に1点差に詰め寄る。コレアがインモービレのヘッドでの落としを受けてボックス右に侵入。豪快に右足を振り抜きネットを揺らした。

一気に1点差としたラツィオが終盤にかけても猛攻に出ると、追加タイム1分に再びPKを獲得した。ボックス右でスルーパスを受けたインモービレがデ・ルーンに倒された。このPKをインモービレが決めたラツィオが3点差を追いつき、勝ち点1をもぎ取っている。


新生ミラン、躍動チャルハノール1G1AもAT被弾で痛恨ドロー《セリエA》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00363202-usoccer-socc

ミランは20日、セリエA第8節でレッチェをホームに迎え、2-2で引き分けた。

前節ジェノア戦で何とか連敗を3で止めたものの、代表ウィーク中にジャンパオロ監督の解任に踏み切ったミランは、フィオレンティーナやインテル、ボローニャなどで指揮を執ったピオリ監督を招へい。そのミランは不調のピョンテクをベンチスタートとし、レオンを起用した。

18位レッチェ(勝ち点6)に対し、[4-2-3-1]で臨んだミランは最前線にレオン、2列目に右からスソ、パケタ、チャルハノール、中盤センターにケシエとビリアを据えた。

そのミランが良い入りを見せると、立ち上がりにチャルハノールの好パスからレオンが立て続けにディフェンスライン裏へ抜け出し、決定的なシュートを浴びせる。

そして、左サイド中寄りの位置でプレーするチャルハノールが躍動するミランは、20分に先制した。ボックス右でビリアのロングボールを絶妙なトラップで収めたチャルハノールがゴール左へ豪快なシュートを突き刺した。先制後も良いリズムで試合を運ぶミランがレッチェを圧倒し、ほぼハーフコートでプレー。前半を1点リードして終えた。

迎えた後半も主導権を握るミランだったが、61分にPKを献上する。A・コンティのボックス内でのハンドを取られた。ババカルがキッカーとなったこのPKをGKドンナルンマは止めるも、ルーズボールをババカルに押し込まれ、試合を振り出しに戻された。

失点を受けてピョンテクとクルニッチを投入したミランは、終盤の81分に勝ち越す。クルニッチとのワンツーでボックス右に侵入したチャルハノールがマイナスに折り返し、ピョンテクが蹴り込んだ。

ピオリ采配が的中したミランだったが、逃げ切れない。追加タイム2分、ボックス手前左のカルデローニに豪快なミドルシュートを叩き込まれた。このまま2-2で終了。新体制初陣を勝利で飾ることはできなかった。

† Serie A † Part 211
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569414363/
▼記事の続きを読む▼