【モバマス日本昔話】 七海「浦島太郎れす」 

2: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:23:41.77 ID:xRtmHZk70



昔々、ある村に浅利七海という心優しい少女がおりました―――


七海「さかなさかなさかな~♪ さかなを食べると~・・・・ん?」


「助けてー!」


仁奈(亀)「誰か助けてくだせー!」
優「やーん、可愛い~♪」ナデナデ
瑞樹「ほっぺもプニプニでお餅みたいね~♪」ツンツン

仁奈「ぬあ~!!!」


七海「た、大変だ!」























3: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:24:14.88 ID:xRtmHZk70



七海「お二人共何をしてるんれすか! 亀さん嫌がってますよ!」

瑞樹・優「?」チラッ

優「なになに~!? この子も可愛い!」

七海「へ?」

瑞樹「あなたも綺麗なお肌してるわね~」

七海「えっ、あの・・・」

瑞樹・優「大丈夫、怖くないよ~?」ジリジリ・・・



七海「誰かぁぁぁ! 助けてくらさいーい!!!!」
―――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――
―――――――――――
優「可愛かったねー♪」スタスタ
瑞樹「若いって羨ましいわ~」スタスタ


七海「」チーン・・・




4: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:24:41.65 ID:xRtmHZk70



仁奈「大丈夫ですか!」

七海「か、亀さんが無事で良かったれす・・・」

仁奈「仁奈を助けてくれてありがとうごぜーます! 何かお礼を・・・そうだ、竜宮城に招待するですよ!」

七海「竜宮城?」

仁奈「海の底にある魚達のパラダイスでごぜーますよ♪」




5: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:25:12.40 ID:xRtmHZk70



七海「お魚さん達のパラダイスれすか!?」

仁奈「魚好きですか?」

七海「はいっ、七海お魚大好きなんれす! あ、もちろん亀さんもれすよ♪」

仁奈「えへへ、そう言われると照れるですよー///」

七海「亀さんはお刺身が美味しかったれすね~」ポワワー

仁奈「そっち!?」

七海「七海は見る方も食べる方も両方大好きなんれす・・・あれ、何で離れていくんれすか?」

仁奈「・・・別に」




6: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:27:45.98 ID:xRtmHZk70



七海「でも海の底ってどうやって行くんれすか? 七海泳ぐのは苦手で・・・」

仁奈「仁奈が泳いで連れて行くですよ! さぁ、仁奈の背中に乗ってくだせー!」

七海「呼吸はどうするんれすか?」

仁奈「え?・・・・15ふn・・・10分くらい頑張れるですか?」

七海「短く言いなおしてもそんなに息は止められないれすよ・・・」

仁奈「仕方ねーです。それじゃあ迎えの船を呼びましょー」スッ

七海「そのかまぼこ板みたいなのは?」

仁奈「『す』ごく遠くの人と会話ができる魔法(『まほ』う)のような板、略して【スマホ】でごぜーます!」

七海「へぇ~、そんな便利な物があるんれすね~」

仁奈「あっ、もしもし亀よー? 仁奈でごぜーます―――」




7: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:28:12.25 ID:xRtmHZk70


―――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――
仁奈「ちょうど出るところだったみたいで20分もあれば来れるみてーです!」

七海「じゃあ仁奈ちゃんに乗ってたら15分も怪しいところれしたね」


― 30分後 ―

ゴゴゴゴゴ・・・!

「あ、あれは何だ!? 海から巨大な黒い塊が!」
「化け物だ!」

七海「わぁっ!?」
仁奈「あ、来やがりましたよ!」


ザッパァァァ!!!

潜水艦「」




8: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:28:42.13 ID:xRtmHZk70



カパッ!

亜季「仁奈殿! お迎えに参りました!」

仁奈「亜季おねーさーん♪」フリフリ


「ひ、人が出てきたぞ!」
「化け物だぁぁ!!!」

亜季「七海殿でありますか? ささっ、どうぞお乗り下さい!」

七海「へっ? あ・・・は、はいっ!」




9: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:29:07.89 ID:xRtmHZk70



「大変だ! 浅利んとこの娘っ子が!」
「化け物に喰われちまう!」


亜季「では、竜宮城へ―――」

亜季・仁奈「しゅっぱーつ!」

ザップーーーン!!!!


「く、喰われちまったよ~!」
「大変だ、大変だぁぁぁ!!!」




10: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:29:39.51 ID:xRtmHZk70


―――――――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――

七海「さっきまでお魚もたくさんいたのに、真っ暗れすね~」

亜季「ここは深海といって太陽の光も届かない場所なんです」

七海「へぇ~! あれ、でも遠くに光が・・・わぁっ!?」

仁奈「これが竜宮城でごぜーますよ」フンス!

七海「わぁ~! キラキラしてて綺麗れすね~!」キラキラ

亜季「ヒトサンマルマル。竜宮城到着であります!」




11: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:30:05.50 ID:xRtmHZk70



~停泊場~

亜季「では七海殿、竜宮城を楽しんでいって下さい!」


七海「ありがとうございます~」
仁奈「亜季おねーさんバイバーイ」




七海「ここが竜宮城・・・中も立派れすね」キョロキョロ

仁奈「それじゃあ乙姫様に会いに行きやがりましょー」

七海「乙姫様?」

仁奈「竜宮城で一番エライ人です!」




12: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:30:31.84 ID:xRtmHZk70



~竜宮城・本殿前~

七海「あれ、門の前に誰かいますね」

仁奈「あれは警備の人でごぜーますよ! 奏おねーさーん!」

奏「あら、仁奈・・・とウワサの人間ね?」ウフフ

七海「に、仁奈ちゃん・・・この人ってもしかして」ヒソヒソ
仁奈「はい! サメの奏おねーさんです!」

七海「さ、鮫・・・!」




13: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:30:59.26 ID:xRtmHZk70



奏「もしかして怯えてる? ふふっ、可愛い」
七海「あ、あのっ・・・」ビクビク

奏「食べちゃいたいくらい可愛い♪」クイッ
七海「ひっ! な、七海は美味しくないれすよ・・・」ビクビク

奏「そう? この柔らかいプニプニのほっぺたなんか美味しそうよ。一口噛んでみようかしら?」ツンツン
七海「ひぃぃ~」


ギィィィ・・・


千枝「奏さん、お客様を困らせたらダメです・・・!」

七海「・・・ふぇ?」

仁奈「あ、千枝ちゃん!」




14: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:31:25.61 ID:xRtmHZk70



奏「反応が可愛いからつい、ね♪」
千枝「だからって怖がらせるのはいけないと思います!」


七海「あの人は・・・?」
仁奈「千枝ちゃん! 乙姫様でごぜーますよ」

七海「乙姫様!?」
―――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――
~竜宮城・本殿~

千枝「仁奈ちゃんを助けてくれてありがとうございました」

七海「いえいえ~」




15: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:31:53.44 ID:xRtmHZk70



千枝「是非ともお礼をさせて下さい。お願いしまーす!」

ガラガラ!

七海「?」

ヘレン「へーーーーーイ!!!!!」バーン!

七海「!?」

唯「ハロー♪」
伊吹「イエーイ!」

千枝「ミノカサゴのヘレンさんと熱帯魚バックダンサーの唯さんと伊吹さんです。ダンスがとっても上手なんですよ♪」




16: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:32:28.96 ID:xRtmHZk70



ヘレン「世界レベルを見せてあげるわ! ヘイ、ミュージックスタート!」

七海「わぁぁぁ・・・! カッコいい~!」

響子「お料理お持ちいたしました♪」
かな子「お菓子もありますよ♪」

七海「ひゃぁぁ~! 美味しそうれす~♪」
―――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――

千枝「いかがでしたか?」フフッ

七海「とっても楽しかったれす!」

千枝「喜んでもらえて嬉しいです♪」




17: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:33:32.30 ID:xRtmHZk70



七海「あ、七海そろそろ帰らないと」

千枝「・・・もう帰っちゃうんですか?」

仁奈「七海ちゃんともっといてーです!」

七海「でも皆心配しちゃうのれ・・・」

千枝「そう、ですか・・・分かりました」

千枝「ではこれをお土産に」




18: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:34:04.08 ID:xRtmHZk70



七海「なんれすか、これ?」

千枝「玉手箱です。地上に戻ってもし困ったことがあったら、この箱を開けて下さい」

七海「」シュルシュル・・・

千枝「わわっ!? い、今じゃないですよ!」

七海「駄目れすか?」

千枝「地上に戻ってからです!」

七海「はーい」

千枝「ではお見送りいたしますね」




19: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:35:19.76 ID:xRtmHZk70



~ 停泊場 ~

千枝「亜季さん、いますかー?」

仁奈「亜季おねーさーん」

千枝「誰もいませんね」

杏「なに~・・・うるさいな」フワァー

千枝「杏さん、お休み中すみません。亜季さん知りませんか?」

杏「えぇ?・・・何言ってるのさ、今の時間見てみなよ」

七海「夜の6時れすね」

杏「とっくに定時過ぎてるよ」

千枝「あ、そっか・・・」




20: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:43:10.74 ID:xRtmHZk70



千枝「あの、お客様を地上に送り届けたくて・・・杏さん、お願いできないでしょうか?」

杏「うえぇ~・・・定時過ぎても働かせるとかブラック職場じゃん」

千枝「お願いします!」

杏「というかそもそも杏潜水艦の免許持ってないし」

千枝「え・・・どうしよう」

杏「千枝ちゃんが運転すればいいじゃない? 免許持ってるよね?」

千枝「千枝が・・・ですか?」

杏「他に運転できる人いないでしょ。はいこれ鍵ね」カチャン

千枝「えぇ・・・」




21: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:43:38.86 ID:xRtmHZk70



七海「大丈夫れすか・・・?」

千枝「でも時間もありませんしそれしかないですよね・・・分かりました、千枝が行きます」

仁奈「仁奈も地上までお見送りするですよ!」
―――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――

千枝「では行ってきます」
仁奈「行ってきまーす!」
七海「お世話になりました~」

杏「はいはーい、いってらっしゃーい」


ゴポポポポポ・・・


杏「ふわぁ~・・・・寝よ」スタスタ




22: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:44:06.68 ID:xRtmHZk70



― 数十分後 ―
~地上~

ザップーーン!!!  カパッ!

七海「着きました~♪」
仁奈「とうちゃーく♪」

千枝「ふぅ。無事に着いて良かった・・・」

七海「・・・あれ? ここ七海の村れすか? 何だか少し違うような」キョロキョロ

千枝「・・・」

千枝「その事なんですが、お話しないといけない事があります」

七海「?」




23: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:44:32.81 ID:xRtmHZk70



千枝「ここは正真正銘、七海さんの住んでいた村です・・・数年後の」

七海「数年後? どういう事れすか?」

千枝「地上と竜宮城では時間の進む速さが違うんです。七海さんが竜宮城に数時間いる間、地上では数年もの時間が経っているという事です」

七海「えぇーっ!?」

千枝「本当にごめんなさい! 初めに言っておけば・・・」




24: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:45:51.55 ID:xRtmHZk70



仁奈「千枝ちゃんを責めないでくだせー! 元はと言えば何も言わずに連れてきた仁奈が悪いんです!」

千枝「仁奈ちゃん・・・」


七海「ん?  七海は別に気にしてないれすけど」


千枝・仁奈「え・・・?」




25: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:46:44.67 ID:xRtmHZk70



七海「竜宮城とっても楽しかったれすし、数年いないくらい少し奉公に行ったようなものれすので」

千枝「な、七海さんは強いんですね・・・」
仁奈「七海おねーさんすげー・・・」


「うわぁぁ! 海に何かいるぞ!?」
「数年前と同じ化け物だ!」

千枝「?」


「また人間を喰いに来たのか化け物め! あの頃の俺達とは違うぞ! お前ら銃を持てぇぇぇ!!!」

ウオオオオオ!!!!




26: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:47:10.53 ID:xRtmHZk70



千枝「ちょっと待って下さい!? それはただの潜水艦です!」


「構え!  撃てぇぇぇぇぇぇ!!!!」


ドン! ドン! 


潜水艦「」ボフン!!!


千枝「!?」


潜水艦「」ブクブクブク・・・


千枝・仁奈「あーーー!?」




27: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:47:36.63 ID:xRtmHZk70



「沈んだぞ!」
「俺達の勝利だ!」

ワァァァァァァァ!!!!!


千枝「そんな・・・潜水艦が壊れちゃった・・・・」ヘナヘナ
仁奈「仁奈たち帰れねーですか!?」

千枝「そ、そうだ! 仁奈ちゃん、スマホは!? 誰かに連絡して迎えに来てもらえば・・・」

仁奈「えっ!? えっと・・・お部屋に置いてきちまいました」

千枝「えぇー!?」




28: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:48:10.62 ID:xRtmHZk70



七海「二人だけなら泳いで帰ればいいんじゃないれすか?」

千枝「深海は真っ暗なので明かりがないとどうにもならないんです!」
仁奈「仁奈たちまだ子供だからスマホの経路案内とライトを使わないと迷子になっちまいます・・・」

千枝「どうしよう、これじゃあお家に帰れないよぉ」グスッ
仁奈「ふぇ~ん・・・」

七海「お、落ち着いて。心配しなくて大丈夫れすよ! きっと竜宮城のみんなが迎えに来ますから!」

グスッ・・・グスッ・・・

七海「ど、どうしよう。こういう時は・・・・あっ、そうだ!」




29: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:48:37.91 ID:xRtmHZk70



七海「困った時は玉手箱を開ければ良いって言ってましたよね!?」バッ!

千枝「!? な、七海さんそれはダメです!」

七海「開けちゃいました・・・」

千枝「七海さんー!?」

モクモクモク!

七海「わっ、煙!?」
千枝「きゃっ!!!」
仁奈「けむてー!」




30: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:49:03.79 ID:xRtmHZk70



モクモク・・・

七海「こほっ、こほっ・・・皆さん大丈夫れすか~?・・・あれ?」

千枝「・・・」ムチムチ

七海「あ、あれ・・・? 千枝ちゃんってそんなに大きかったれすか? 着物がピチピチに・・・」

千枝「だから開けちゃダメだって言ったのに・・・///」ムチムチ




31: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:49:33.89 ID:xRtmHZk70



仁奈「二人ともでけー!?」

千枝「仁奈ちゃんもだよ・・・はい、鏡」

仁奈「・・・ほんとだ!」

千枝「七海さんも鏡を見てみて下さい」

七海「うわぁ!? こ、これが七海れすか・・・!? 色々と大きくなってます!」ムニムニ

千枝「玉手箱を開けると本来地上で取るはずの年が戻ってくるんです。一緒に煙を浴びた千枝達も同じ年をとってしまいましたけど・・・お着物がきつくて恥ずかしい///」

仁奈「でも今の千枝ちゃん、沙理奈おねーさんみてーにセクシーでごぜーますよ?」

千枝「え!? ほ、ほんと・・・? 沙理奈さんみたい?・・・・えへへ♪」




32: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:50:04.90 ID:xRtmHZk70



七海「ところでお二人はこれからどうするんれすか?」

千枝「お迎えを待つしかないので、しばらくはここに居させてもらおうかと思います」

仁奈「仁奈は千枝ちゃんがいれば心づえーです!」

千枝「ふふっ、千枝もだよ? 取りあえず寝泊まりできる場所を探そうね」

仁奈「おー!」

七海「あの~・・・」

千枝・仁奈「?」

七海「でしたら七海の家に来ませんか?」
―――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――




33: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:50:32.89 ID:xRtmHZk70



~七海の家~

父・モバP(以下、P)「七海!? 七海なのか!?」

七海「お父さん!」

P「母さん、七海が帰ってきたぞ!」

美優(母)「う、うそ・・・七海ちゃん!? 七海ちゃん~~!」ギュッ!
七海「お母さん苦しいれすよ~」

P「黒い化け物に喰われたと聞いていたけど、五年間も一体どこにいたんだ?」




34: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:51:04.77 ID:xRtmHZk70



七海「えっと・・・途中で吐き出されて気が付いたら知らない場所にいたんれす」

P「そんな事があったのか」

美優「可愛そうな七海ちゃん。知らない土地で一人なんて・・・寂しかったでしょう?」

七海「でも途中で会ったこのお二人とずっと一緒にいたのれ、寂しくなかったれすよ?」

千枝「は、初めまして・・・」ペコリ
仁奈「こんにちはー!」

P「娘の七海を連れてきてくれてありがとうございました」
美優「なんとお礼を言ったらいいのか」

千枝「いえいえ! 千枝達はそんな・・・」




35: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:51:48.28 ID:xRtmHZk70



P「・・・しかしえらいべっぴんさん達だな」

美優「本当お人形さんみたいで可愛いですね♪ 七海ちゃんも見ない内にすっかり美人さんになって・・・三人とも都の芸者さんみたい」ウフフ

P「芸者・・・」

P「君たちお家は?」

千枝「あ、えっと・・・」
仁奈「お家に帰れなくなったですよ!」

美優「まぁ、それは大変!」




36: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:52:14.14 ID:xRtmHZk70



七海「お迎えがいずれ来るとは思うんれすけど、それまでの間二人を家に置いてあげてもいいれすか・・・?」

美優「私は構いませんけど、お父さんは?」

P「・・・」

P「あぁ、もちろん構わないぞ! 二人とも自分の家だと思ってゆっくりしていってくれ!」

七海・仁奈「やったー♪」パン!
千枝「ありがとうございます!」




38: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:54:08.23 ID:xRtmHZk70



P「ただし、二人にもしっかりと働いてもらうからな?」

千枝「はいっ、もちろんです!」
仁奈「仁奈もたくさん頑張るですよー!」

P「そうか・・・それじゃあ三人に相談があるんだが」

七海・千枝・仁奈「?」



P「芸事に興味はないか・・・?」


のちに三人は【玉手箱】という名の三人組芸者として活動することになり、一般的な芸者と
は違った動きの速い踊りに加え、歌の中に異国の言葉を巧みに混ぜるという手法を用いて
大層な人気者になったんだそうな。  

 めでたしめでたし





39: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:54:43.67 ID:xRtmHZk70


~おまけ~

「乙姫様~! 市原~!」
「どこにおられますかーー!」


「大和! 潜水艦が一隻足りないようだが、何か知っているか?」
亜季「いえ、私が出勤した時にはもう・・・」


杏「」ソーッ・・・

亜季「そうだ! 昨日は杏殿が停泊場で寝泊まりしていたはずであります」
「なにっ!?」

杏「」ギクッ!




40: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:55:14.72 ID:xRtmHZk70



「どこに行く気だ双葉。なぜ逃げようとする」ゴゴゴゴ・・・

杏「えっ?・・・い、いやだなぁ。逃げるだなんてそんな」

「監視カメラの映像がありました! 乙姫様たちは双葉から鍵を受け取り潜水艦で地上に向かったようです!」

杏「やばっ!」バッ!

「双葉ぁぁぁ!!!」シュババババ!


杏「きらりーーーー!!!!」


ゴゴゴゴゴ・・・!


きらり(クジラ)「にょわ~☆」




41: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:55:43.24 ID:xRtmHZk70



きらり「どうしたの杏ちゃん?」

杏「旅に出よう! 可愛い物探しの旅だ!」タッタッタッタ・・・!

きらり「きゃわいいの~!? いくいく~♪」

杏「よっと!」パシッ!


杏「諸君、さらばだ!」フッハッハッハ!


亜季「おぉ、まるで映画のワンシーンのような逃走方法!」

「くそっ、逃げられたか・・・」




42: ◆tkiF6VoKRk 2019/10/21(月) 21:57:27.77 ID:xRtmHZk70



「大和、人間を乗せた場所は分からないのか!? きっと乙姫様はそこにいるはずだ!」

亜季「申し訳ありません。昨日は仁奈殿のスマホの発信機を元に行きましたので」

「くっ・・・とにかく地上だ! 全隊員は地上を探せ!!!」



数年後【玉手箱】として活動する二人を発見し竜宮城に戻るよう説得するも「最後までやりたい」と
拒否されてしまう。雇い主であるPと協議を重ねた結果、七海家の近くに『竜宮寮』という名の竜宮管轄の寮を建築。
地上の生活に興味がある魚たちも住むようになり、そこの住人からまた新しい芸者が次々と生まれる事になるのだが・・・それはもう少し先のお話