「恥ずべきだ。目を覚ませ!」「巡礼しよう」新監督の初陣でドローのミランにファンは怒りと落胆

1
現地時間10月20日のセリエA第8節で、本拠地サン・シーロでレッチェと対戦したミランは、2点を先行しながら逃げ切りに失敗して2-2のドローに終わった。

批判を浴びていたハカン・チャルハノールが1得点・1アシストを記録し、不振のクシシュトフ・ピオンテクが今シーズン初めて流れの中からネットを揺らしたのをはじめ、好材料も随所に見られたが、ステーファノ・ピオーリ新監督の初陣を勝利で飾れなかったミランは、いまだ12位と低迷が続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00065615-sdigestw-socc
続きを読む