リッピ氏が語る二度目の中国代表監督辞任「日本や韓国の生き餌になると感じた」

1
元中国代表監督のマルチェロ・リッピ氏が、イタリアのラジオ局『ラディオ・プント・ヌオーヴォ』の番組に出演し、辞任に至る経緯を振り返った。

かつてユヴェントスを率いてチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表を率いてワールドカップ優勝も成し遂げた71歳の名将リッピ氏は、広州恒大の指揮官を経て2016年10月に中国代表監督に就任。今年1月に開催されたアジアカップまでチームを率いた。その後一旦辞任したものの、わずか4カ月で代表監督に復帰したリッピ氏だったが、14日のカタールW杯アジア2次予選でシリアに1-2と敗れると、再びチームを離れる決断を下している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00010025-goal-socc
続きを読む