スナイデル「共にプレーした最高の選手」と語るレアル・マドリー時代の同僚は?

1
今年8月に現役引退を発表したヴェスレイ・スナイデルはFCユトレヒトの幹部を務めている。スナイデルはメディア『Fox Sports NL』のインタビューで自身のキャリアについて振り返った。

このインタビューでスナイデルは、「メッシやクリスティアーノ・ロナウド級の選手になっていたかもしれない」と語っている。

「自分自身に正直にならなければならない。もし100%の力を出していれば、私はメッシやクリスティアーノレベルの選手として後世に語り継がれただろう。それは確かなことだ。できなかったわけではなく、その気がなかっただけだ。フィールドの内外で人生を楽しむことを選んだ。私は可能な限り勝利してきたし、後悔はしていない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00010020-sportes-socc
続きを読む