現役引退のビジャ、決断の経緯に言及 米誌に明かした“美学”「完璧なタイミングだった」

1
元スペイン代表FWダビド・ビジャは現役ラストゲームとなった天皇杯決勝で鹿島アントラーズを2-0で破り、ヴィッセル神戸にとって初のタイトルを置き土産に選手としてのキャリアを終えた。

稀代のストライカーの有終の美は母国スペインをはじめ大きく取り上げられているが、米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」の電話インタビューに応じ、引退の心境と今後について語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238748-soccermzw-socc
続きを読む