柴崎岳は「新生デポルティボでハマる」 クラブが期待と現地報道「最高レベルを取り戻す」

1
スペイン2部デポルティボの日本代表MF柴崎岳は、ふくらはぎの打撲による負傷離脱もあり、昨年12月1日を最後に公式戦から遠ざかっている。シーズン前半戦を「期待をかなり下回る」と厳しく評価しつつ、「クラブは日本人選手が最高レベルを披露することを期待している」と外国籍選手の中で数少ない冬の移籍市場での“残留組”だと見立てている。

2019年7月にスペイン1部ヘタフェから同2部デポルティボへ移籍した柴崎。2ボランチの一角と起用されてきたが、チームは開幕戦のレアル・オビエド戦(3-1)に勝利後、19戦未勝利(9分10敗)と最下位に低迷。昨年10月以降は柴崎がベンチスタートで出番を得られない試合も増え、同12月中旬には練習中に左足を負傷するなど、実戦から遠ざかっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238792-soccermzw-socc
続きを読む