チャビ、古巣のオファーを固辞した理由を説明 「バルセロナで指揮を執るには時期尚早」

1
エルネスト・バルベルデ監督の後任としてバルセロナ帰還が期待されたアル・サッドのチャビ・エルナンデス監督(39)が、古巣からのオファーを固辞した理由について語った。『ESPN』が伝えている。

9日、サウジアラビアで行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でアトレティコ・マドリーに負けたバルセロナ。この敗北が決定打となり、クラブはバルベルデ監督の解任を決断。

そして、クラブ幹部のエリック・アビダル氏とオスカル・グラウ氏がカタールのドーハを訪れ、チャビ監督と会談。この場で新監督就任を打診したものの、同監督は現時点での就任を固辞。

これを受けて、ターゲット変更を求められたバルセロナは13日、前ベティス指揮官のキケ・セティエン氏と2022年までの契約を結んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00368448-usoccer-socc
続きを読む