ラキティッチ 数々のビックオファーを断る理由とは?

1
31歳(3月10日で32歳)のイヴァン・ラキティッチは、世界最高峰のメンバーを有するバルサの選手の1人である。2018年のワールドカップで準優勝したクロアチア代表のメンバーであるラキティッチは、バルサで素晴らしいシーズンを享受しておらず、試合出場はイレギュラーとなっており、冬の移籍市場でさまざまなオファーが届いた。

しかし、ラキティッチはすべてのオファーを拒否した。彼はここでチャンピオンズリーグの優勝を目指しており、ここ数シーズンの間セリエAを支配しているユベントスは1月にラキティッチの獲得を狙っていた。バルサは彼の移籍の可能性を大目に見ていただろうが、ラキティッチは動かなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00010018-sportes-socc
続きを読む