利根「我輩を捨てるのじゃな」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:08:31.70 ID:RC5UDBY3O


利根「提督ー!」

提督「ん?どうしたんだ、騒々しい」

利根「我輩を捨てるのじゃな!?」

提督「いきなりどうした、そもそも秘書艦かつ第一艦隊旗艦のお前を捨てる訳ないだろう?」

利根「そ、それもそうじゃな……」

提督「……利根」

利根「な、なんじゃ?」

提督「そのデマ、誰に聞いた?」

利根「青葉じゃ」

提督「後で入渠棟の清掃命じとくわ」



こんな感じの日常系













2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:20:05.04 ID:RC5UDBY3O

利根「提督ー」

提督「なんだ、すこぶる機嫌がいいな?」

利根「うむ!毎月の2-5攻略でMVPを取ったのじゃ!」

提督「ほう」

利根「さらに勲章が四つ集まったのじゃ!」

提督「おお」

利根「褒めても構わんぞ?」

提督「おーえらいえらい」

利根「んっ頭をなでなでするでない!」

提督「さて改装設計図を筑摩につかってやるかな」

利根「そこは我輩に使うべきじゃろう!」

提督「…………」

利根「そんな那珂を見るような目で……わっ我輩を捨てるのじゃな!?」

提督「だってお前もう改二じゃん」

利根「そうじゃった」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:26:54.48 ID:RC5UDBY3O

利根「提督!提督よ!」

提督「やけに騒々しいな、どうした」

利根「2-5で捕鯨してたら大鯨が来たのじゃ!!」

提督「マジか、でかした!」

利根「もっと褒めても良いんじゃぞ?」

提督「じゃあ単艦5-4行ってこような」

利根「なっ……我輩を、轟沈させる気じゃな!?」

提督「旗艦のお前が轟沈することは無い」

利根「そうじゃった」

提督「ほれ、さっさと行ってこい」

利根「うむ!」

利根(しかし何故5-4単艦なのじゃ?)


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:35:19.09 ID:RC5UDBY3O

利根「うぐぐ……提督ー……」

提督「おー、今にも轟沈しそうな声出してるな」

利根「当たり前じゃ!駆逐イ級の砲撃ですら耐えられんぞ!」

提督「威張ることじゃねぇな」

利根「ところで提督よ、何故我輩に5-4単艦させたのじゃ?」

提督「中破絵を見たくなったから?」

利根「はっ……その後でムラムラしちゃって夜戦に持ち込む気じゃな!?」

提督「お望みならば」

利根「わっ我輩を襲うのじゃな!?猥褻な薄い本みたいに!!」

提督「なんで大破したのに高揚し始めてんだよ」

利根「久々の夜戦でつい……」

この後滅茶苦茶夜戦した


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:57:49.14 ID:RC5UDBY3O

利根「んー……提督よー……」

提督「なんだよ……って、寝言か」

利根「我輩を捨てるのじゃな……んー……」

提督「……捨てるわけないだろ」

利根「…………」

提督「お前が俺の嫁さんになってくれるってんなら、今すぐにでも艤装取り外すけどな」

利根「……!」

提督「…………」

利根「…………」

提督「リボンがぱたぱたしてるぞ」

利根「なっ!?」

提督「嘘だ」

利根「提督よ!図ったな!」

提督「そんな高翌揚してにやにやしてれば誰でも気付くわ」

利根「ぬぅ……しばらく寝る!」

提督「始業時刻になっても起こさないからな」

利根「なんでじゃ!」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:12:51.18 ID:RC5UDBY3O

利根「提督よ」

提督「どうした」

利根「紅茶とは美味なのか?」

提督「あー、俺は割と好きかもしれないな」

利根「ふむ、以前食堂で金剛が『この鎮守府は紅茶の供給が少ないネー!ティータイムには紅茶と決まっているのデース!』と喚いておったからな」

提督「気になった、と」

利根「うむ、提督が隠し持ってたりしないかと思うたのじゃ」

提督「紅茶は無いが……珈琲ならあるぞ?」

利根「こぉひぃ?あの黒い泥水のようなものか?」

提督「泥水てお前……」

利根「あれは好かん!」

提督「まあまあ騙されたと思って飲んでみろよ」

5分後

提督「ほれ、カフェオレだ」

利根「…………」

提督「ブラックよりはマシだぞ」

利根「……んむ、おお?」

提督「どうだ?」

利根「提督よ!思っていたほど苦くないぞ!」

提督「角砂糖もあるぞ」

利根「ふむ、二つほどいただこう」

提督「これは簡単に言うと珈琲を牛乳で薄めたやつだ」

利根「ほう、それは良いことを聞いた……後で筑摩にも教えてやろう!」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:29:20.63 ID:lD/ie8CPO

利根「筑摩よ!」

筑摩「あら、姉さん」

利根「筑摩にかふぇおれなるもの馳走してやろう!」

筑摩「かふぇおれ、ですか?」

利根「うむ!苦くない珈琲なのだ!」

筑摩「そのようなものがあるとは……」

利根「しばし自室で待っておれ!」

食堂

利根「間宮殿ー!こぉひぃと牛乳はあるか?」

間宮「えーと……あら、ちょうど牛乳が切れてますね」

利根「むむっ、それではかふぇおれが作れんのう……」

間宮「豆乳で代用できませんか?」

利根「豆乳……あゝ!大豆の牛乳もどきじゃな!」

間宮「間違ってはいませんけど、牛乳もどきって」

利根「間宮殿、では少しばかり頂戴していくぞ!感謝する!」

間宮「あっ、自室での火の始末には気を付けてくださいねー」

利根「わかったのじゃー!」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 17:35:45.37 ID:TEJwwz550

利根川に見えた俺は病気かな?


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:35:35.45 ID:lD/ie8CPO

>>10

利根「ボーキサイトは命より重いのじゃ!」

提督「お前が改二になってからボーキの減りが増えたんだが」

利根「赤城や加賀が摘み食いする気持ちがちとわかったのじゃ」

提督「ほっぺたにお弁当付いてるぞ」

利根「なっ!?先程しっかり厠で確認したはずじゃ!!」

提督「雉も鳴かずば撃たれまい」

利根「図ったな!」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:46:26.73 ID:lD/ie8CPO

自室

利根「待たせたのう!」

筑摩「お帰りなさい、姉さん」

利根「ではまたしばらく待たれよ!」

筑摩「はい、楽しみにしてますね」

利根「うむ!」



利根「これをこうして、これを……こうじゃ!」

利根「……む?豆乳が上手く混ざらんではないか」

利根「むう、玉になってしまった……まあ代用品じゃから致し方ないな!」



利根「筑摩よ!完成じゃ!」

筑摩「これが、かふぇおれなるものですか?」

利根「うむ、実を言うと本来は牛乳を使うのじゃが……品切れ故に豆乳を使ったのじゃ」

筑摩「あら、それは残念ですね」

利根「次は必ず牛乳を使った、真のかふぇおれを振舞ってやるから安心せい!」

筑摩「ふふ、楽しみに待ってます」

利根「では飲んでみようか」

筑摩「はい……ん、これは」

利根「……む、苦味は薄れているが、我輩の飲んだかふぇおれとはまた違うの」

筑摩「そうなんですか?私はこれなら珈琲の方が好みですね」

利根「むむう、筑摩はあの黒い泥水を飲めるのか……あれは我輩にはちと荷が重いのじゃ」

筑摩「ふふ、利根姉さんは甘いの好きですもんね」

利根「うむ!また今度間宮殿のあいすくりんを食べに行こうぞ!」

筑摩「ええ、是非とも」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:50:58.55 ID:lD/ie8CPO

利根「ということがあったのじゃ」

提督「あれだな、ソイオレってやつだそれは」

利根「そいおれ?」

提督「カフェオレの豆乳版だな、豆乳と珈琲が分離するから素人は上手く混ぜられないらしい」

利根「ふむ、飲み物ですらろくに作れんとは……我輩も精進が足らんな」

提督「そうだな、嫁に来てくれるんだろう?」

利根「なっ!?我輩を娶るのじゃな!?」

提督「……この海戦が全部片付いたらな」

利根「……うむ」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:56:28.95 ID:lD/ie8CPO

利根「提督」

提督「ん、どうした」

利根「何故我輩のカタパルトは常に不調なのじゃ!」

提督「いや俺に聞かれても」

利根「整備は怠っておらんし、明石にも点検してもらった!何故じゃ!」

提督「そろそろ廃棄するか?」

利根「我輩を捨てるのじゃな!?」

提督「いや資材余ってるから新しい艤装作ってもらおうかと」

利根「幾多の海戦を共にした艤装を捨てるなんてとんでもない!嫌じゃ!!」

提督「めんどくせぇなぁおい」

利根「いーやーなーのーじゃー!」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 19:05:27.34 ID:lD/ie8CPO

利根「のう、提督よ」

提督「どうした?」

利根「でーぷきすというのはどういうものなのじゃ?」

提督「……お前、わざと聞いてるのか?」

利根「わざと?我輩がおぬしに隠し事ができるとでも思っておるのか?」

提督「それもそうか……知りたいの?」

利根「うむ、知的好奇心とはいつになっても衰えんのじゃ!」

提督「……じゃあ、こっち来い」

利根「ふむ?来たぞ?」

提督「んで、俺の太ももにまたがれ」

利根「これで良いか?」

提督「おう……で、こうだ」

利根「提督よ、何がどふむっ!?」

その後

利根「いっいきなり何をするのじゃ!!こんな真昼間から執務室に誰もいないとはいえ!!不埒じゃ!!」

提督「舌を入れる接吻、それがディープキスな」

利根「っ!?あ、あのおぬしと夜戦の時にいつもするアレのことか!?」

提督「そ」

利根「むぅ……そうとわかればこんなこと聞かなかったのじゃ!」

提督「…………」

利根「なっなんじゃ!じーと見つめて!?」

提督「利根からのおかわりがほしいなー」

利根「……いっ一回だけじゃからな!」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 19:24:03.77 ID:lD/ie8CPO

利根「提督よ!」

提督「騒がしいぞ」

利根「くりすますいぶとはなんじゃ?」

提督「あー、七面鳥の丸焼きとケーキ喰って洋酒を飲む日だな」

利根「ふふん、提督もまだまだじゃな!それはクリスマスのことであろう?」

提督「ん?あー、イブか」

利根「うむ!クリスマスは既に昨年経験しておるからな!」

提督「……ちなみに誰に聞いた?」

利根「陸奥と鈴谷が話しておった」

提督「あー、ウチの鎮守府で女子力高い二人かぁ……まあそうなるな」

利根「提督よ!いぶとはなんじゃ!」

提督「簡潔に述べると、恋人同士がクリスマスの内容を二人でした後、しっぽりと夜戦する日だ」

利根「……最後がちとわからんのじゃが」

提督「もう少し分かりやすく言うと、イブは恋人でクリスマスする日、クリスマスは家族や友人でクリスマスする日」

利根「……つ、つまり?」

提督「そんなイベントの日となればこぞってあはんうふんするのは当然だろうというやつだな」

利根「……提督は我輩といぶをしたいか?」

提督「なんか見下されてる感じがするから、イブは筑摩と過ごそうかなー」

利根「あ゛ー!我輩を捨てるのじゃな゛ー!!」

提督「俺とイブ過ごしたい?」

利根「いじわるしないでほしいのじゃ……」

提督「はいはい、24日の業務終わったら一緒に用意しような」

利根「うむ!」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 19:12:25.53 ID:xtqnO5LAO

カフェ(珈琲)オレ(牛乳)

ソイオレという造語を作った奴の罪は大きい


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 19:30:05.46 ID:lD/ie8CPO

>>18

利根「提督!提督よ!」

提督「やかましい!」

利根「この前の豆乳のかふぇおれの話なんじゃが!」

提督「ソイオレか?それがどうした」

利根「ふっふっふ、提督よ!間違っておるぞ!」

提督「は?」

利根「そもそもかふぇおれのかふぇは珈琲のこと、おれは牛乳のことじゃ」

提督「だな」

利根「故に!そいおれだと豆乳と牛乳の混ぜ物になるのじゃ!」

提督「ふーん、で?」

利根「だっだから提督の言うそいおれとは正しくなくてじゃな?」

提督「鬼の首を取ったつもりが藪蛇だった感想をどうぞ」

利根「せっ折檻は嫌なのじゃ!!」

この後滅茶苦茶ソフトSMした


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:12:59.76 ID:xz4cgQjE0

利根「提督!提督!」

提督「店内で騒ぐな」

利根「これが俗に言うすたばというやつか!」

提督「騒ぐと田舎者に思われるぞ」

利根「むう……のう、提督よ」

提督「どうした」

利根「して、ここは何をする店なのじゃ?」

提督「…………」

利根「那珂を見るような目で我輩を見るなぁ!」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:17:52.46 ID:PBHvV7nzo

まあ厳密にはカフェ・オ・レ(caf・ au lait)で
laitが牛乳な訳だがまあどうでもよろしい


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:22:37.82 ID:xz4cgQjE0

利根「なるほど、こぉひぃの店なのか……甘いのは無いのか?」

提督「あるぞ、ケーキも食べるか?」

利根「食べて良いのか!?」

提督「まあ最近忙しかったからな、デートみたいなもんだ」

利根「で、でぇと……なんだから気恥ずかしいのじゃ」

提督(あれだけ肌を重ね合わせておいて何言ってんだか)

提督「注文するぞ?」

利根「うむ!甘いのを宜しく頼むのじゃ」

提督「自分で頼めよ」

利根「わっ我輩にはちと練度が足りぬ!」

提督「まあ仕方ないか……あれ?天龍か?」

利根「うむ?天龍のようじゃな……のう、天りゅ」

天龍「シングルベンティキャラメルアーモンドヘーゼルナッツモカホワイトモカツーパーセントチョコチップエキストラホイップキャラメルソースジェリーバニラクリームフラペチーノ二つ」

利根「……あの呪文はなんじゃ」

提督「俺もわからねぇわ」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:31:40.07 ID:xz4cgQjE0

提督「あゝ、龍田と来てたのか……しかし天龍のやつ、だいぶこなれてたな」

利根「うむ……気軽にふふ怖なんて言えぬのじゃ」

提督「じゃあ適当に甘いのとケーキ頼むぞ」

利根「あっ吾輩あのちょこれぇとのけぇきがいい!」

提督「わかった」



利根「むむ、こうやって席に一人で待つのは久しぶりじゃな……いつも筑摩と一緒に」

龍田「あら?利根さん?」

利根「ぬぉお!?たっ龍田か、急に声をかけるでない!」

龍田「ふふ、ごめんなさいねぇ」

利根「先程天龍をれじで見かけたぞ!なんじゃ、あの呪文は……」

龍田「ホント呪文よねぇ、私も頼むの躊躇しちゃうからいっつも天龍ちゃんにお願いしちゃうのよ?」

利根「おお!我輩以外にも頼めん奴がおったとは」

龍田「ふふふ」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:27:59.11 ID:jSK/T4UOo

>>23
スタバにあったのはソイラテじゃなかったっけ
仏語のlaitと伊語のlatteが同じで云々かんぬん

そして天龍の呪文のそれは美味いんだろうか


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:36:58.85 ID:xz4cgQjE0

>>27

龍田「天龍ちゃんってそういう呪文みたいの本当好きよねぇ」

天龍「べっ別にいいだろ!頼めないより頼める方が……」

龍田(私が無理言って行きたいって言ったら、夜中に頑張って勉強してくれてたのが懐かしいわねぇ)

天龍「なっなんだよ!人の顔見てにやけて!」

龍田「ふふっ、何でもないよ??」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:40:52.94 ID:xz4cgQjE0

提督「よぉ、天龍」

天龍「げっ」

提督「上司にその態度は良くないなぁ?」

天龍「へいへい、悪ぅござんした」

提督「よく来るのか、スタバ」

天龍「おっ俺は別に言うほど興味ねぇんだけど、龍田の奴が」

提督「ふぅん?」

天龍「なっなんだよ!?別に何とも思ってないからな?ただのコーヒーショップじゃねぇか!」

提督「何も言ってませんけども」

天龍「ちっ……じゃあまたな」

提督「おう」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:46:08.04 ID:xz4cgQjE0

利根「提督よ!待ちわびたぞ!」

龍田「おかえりなさ?い」

提天「…………」

天龍「ちっ、混んでるからしゃあねぇか」

提督「天龍、舌打ちした分だけ給料から減俸しておくからな」

天龍「!?」

利根「もしかしておぬしらもでぇとなのか?」

天龍「!?おっ俺たちは別にデートじゃ」

龍田「あらぁ、そう見える??恥ずかしいわぁ」

天龍「…………」

提督「……まあなんだ、減俸しないでおいてやるよ」

天龍「……おう」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:52:29.29 ID:xz4cgQjE0

提督「お前らはこの後どこ行くんだ?」

龍田「んー、天龍ちゃんとぶらぶらしようかしらって感じねぇ」

利根「ほう、うぃんどうしょっぴんぐというやつだな!」

天龍「龍田の買い物は長いからなぁ」

龍田「いつもごめんなさいねぇ」

天龍「べっ別に嫌じゃねぇよ、俺が勝手に付き合ってるだけで」

龍田「んふふ、ありがとね」

提督(ブラックなのに甘く感じる)

利根「おぬしらはホント仲が良いのう、まるで吾輩と筑摩のようじゃな!」

提督「利根はホント天然だな」

利根「む?我輩は艦むすじゃが?」

提督「うん、何でもないわ」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 20:57:47.76 ID:xz4cgQjE0

龍田「提督達はこの後どこかに行くの?」

提督「いや特に考えてないな」

龍田「じゃあダブルデートでもします??」

天龍「……やめとけ龍田、俺たちが邪魔するのは悪いだろ」

龍田「……それもそうねぇ」

提督「天龍って結構普通にいい子だよな」

天龍「ぶふっ!?」

提督「むせてやんの、だっさ」

天龍「てぇめぇ……」

利根「…………」

龍田「……あら」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 21:09:50.97 ID:xz4cgQjE0

天龍田と別れたその後

提督「…………」

利根「…………」

提督「なぁ、利根」

利根「…………」

提督「俺が頼んだやつ、苦かったのか?」

利根「……甘かったのじゃ」

提督「チョコレートケーキ、美味くなかったのか?」

利根「……美味だったのじゃ」

提督「じゃあなんで拗ねてんだよ」

利根「ふん、能天気な提督はわからんでもよい!」

提督「あれか?天龍や龍田とばっか喋ってたからヤキモチ妬いてたのか?」

利根「…………」

提督「なんだ、心配して損し」

利根「なんだ、とはなんじゃ!!」

提督「!?」

利根「提督は吾輩以外にもおぬしのことを好いてくれてる奴が沢山おる!」

提督「…………」

利根「じゃがな!我輩はおぬしや筑摩くらいしか好いてくれてるやつがおらんのじゃ……」

利根「吾輩は生身の身体をもっていたところで、はたから見れば所詮は兵器なのじゃ」

利根「たまに、自分が人間なのか兵器なのか……のう、提督よ」

提督「……なんだ」

利根「提督は、吾輩を捨てないでいてくれるのか?」


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 21:21:39.56 ID:xz4cgQjE0

利根「吾輩は利根である……しかしな、それは艦むすとしての吾輩であって、人としての吾輩ではない」

提督「…………」

利根「提督も知っている通り、吾輩と筑摩はいわゆる戦争孤児じゃ」

利根「この鎮守府は比較的平和な方じゃが、日々硝煙の匂いが絶えない鎮守府もあると聞く」

利根「吾輩達はそのような地域に生まれ、すぐに両親を亡くした」

利根「顔も名前も覚えていない、もしかしたら唯一肉親である筑摩ですら……本当かどうかわからんのじゃ」

提督「……利根」

利根「吾輩は、おぬしの下に配属されて、おぬしに見初められて、おぬしの側に居てもいい……そう思うてたのじゃ」

提督「…………」

利根「だから怖いのじゃ……おぬしが吾輩以外の者と仲良くしていのを見ると……とても、とても辛いのじゃ……」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 21:34:29.01 ID:xz4cgQjE0

利根「のう、提督よ……吾輩はおぬしの側に居て良いのか?吾輩はおぬしに好いてもらえてる信じて」

提督「ごめんな、お前がそんな風に考えてるなんて微塵も思ってなかった」

利根「…………」

提督「俺はお前の上司であり、恋人だと思っている」

提督「この海戦が片付いたらお前を嫁として迎え入れたいとも考えてる」

提督「そう言っておきながら、お前が手放しに俺のことを信じてくれている……そうあぐらをかいていたんだなぁって」

利根「……抱き締めて良い話にしてお茶を濁したら噛み付くぞ、提督よ?」

提督「んー……じゃあこれから子作りしにホテルでも行くか」

利根「!?」

提督「なんだ?嫌か?」

利根「いっ嫌ではないが……吾輩が身の上話をしていたのが馬鹿みたいではないか……」

提督「すまんな、俺らにはそういう湿っぽいのいらないだろ」

利根「……吾輩もそういうのはあまり好いてはおらん」

提督「じゃあ決まりだ」

利根「ひゃう!?い、いきなり抱きかかえるではない!それにこれは」

提督「お姫様抱っこってやつだな」

利根「はっ恥ずかしいのじゃ……」

提督「俺は恥ずかしくない」

利根「おっ降ろすのじゃ?!!」

提督「ホテル着いたらなー」

利根「ちっ筑摩ぁ?!!」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 21:37:30.32 ID:xz4cgQjE0

この後滅茶苦茶ホテルで子作りした