長谷部誠の起用なしに現地で疑問の声…「最も優れたフットボーラーが1分もプレーしていない」

1
フランクフルト率いるアディ・ヒュッター監督が元日本代表MF長谷部誠を起用しない判断に地元メディア『op-online.de』は理解に苦しんでいるようだ。

フランクフルトは1日に行われたブンデスリーガ第20節ではフォルトゥナ・デュッセルドルフと対戦し、後半アディショナルタイムにDFティモシー・チャンドラーが同点弾を挙げたことで辛くも1-1でドロー決着。これでフランクフルトは今年に入ってからの3試合で2勝1分けと負けなしを維持し、降格圏との差が7ポイントから8へと広がった。

しかし、『op-online』が試合翌日に掲載した記事によれば、「フランクフルトにとっての朗報はそれで終わり。リーグ最下位のデュッセルドルフでの試合、そこでのパフォーマンス、姿全体は最も酷い時期への逆戻りだったのだ」とのこと。GKケヴィン・トラップが試合後には「僕たちのプレーを見ると、まるでこっちが最下位のようだった」と発し、ヒュッター監督も「すべてにおいて不足していた」と話していたとも伝え、チームの課題を挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00010022-goal-socc
続きを読む