調子上げる中山雄太、東京五輪へ意気込み「本当に楽しみ。ベストを尽くす」

1
オランダ1部のPECズヴォレに所属する日本代表DF中山雄太が、自身の現状や今年夏の東京五輪への見通しなどを語った。地元メディア『デ・ぺぺルブス』が5日付で同選手のコメントを伝えている。

昨年1月に柏レイソルからズヴォレへ移籍した当初はなかなか出場機会を得ることができなかった中山。「まずはここでの生活に慣れる必要がありました。日本とは何もかも違っていて大変でしたし、家族から離れて一人でもありました」とその頃を振り返った。

3月に待望のデビューを飾った際にはサポーターから盛大な歓迎を受けた。「最初の試合は凄かったですね。みんな僕に歌ってくれて、お祭り騒ぎでした」とデビュー戦について語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200206-00361395-footballc-socc
続きを読む