苦戦続く酒井宏樹、先発も途中交代。現地メディア単独最低点など低評価

1
フランス・リーグアン第25節のリール対マルセイユ戦が現地時間16日に行われ、アウェイのマルセイユが2-1で勝利を収めた。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は先発で出場し、64分に交代するまでプレーしている。

12日に行われたクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)のリヨン戦にも先発していた酒井は、リーグ戦では3試合ぶりの先発復帰。だが後半立ち上がりに失点して0-1となった状況で、最初の交代選手としてベンチに下がることになった。マルセイユは酒井の交代後の5分間で立て続けに2点を奪い、逆転勝利を収めることに成功している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00362951-footballc-socc
続きを読む