権田修一、ポルティモネンセの正守護神に定着か…地元紙が強豪ポルト戦でも先発と予想

1
日本代表GK権田修一は、ポルティモネンセ正守護神の座を手中に収めたようだ。ポルトガル『A BOLA』が報じた。

昨年1月にサガン鳥栖からポルティモネンセに渡った権田だが、今月9日のリーガNOS第20節スポルティング戦(1-2)でようやく今季リーグ戦初出場を果たすと、続く15日の第21節モレイレンセ戦(1-1)でもゴールマウスを守ることに。『A BOLA』では、日本代表GKはこれまでの一番手・5年半同クラブに所属するGKリカルド・フェレイラを「ベンチに追いやった」と述べられれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00010029-goal-socc
続きを読む