ウエスカ、岡崎の“パートナー探し”に終止符か 「最終形を見つけた」とスペイン紙指摘

1
スペイン2部ウエスカのFW岡崎慎司は現地時間7日、リーグ第31節フエンラブラダ戦で先発出場し、2試合連続となるゴールをマークして2-0の勝利に貢献。同じくゴールを決めたMFクリスト・ゴンサレスとの同時起用にスペイン紙は注目し、「眩い輝きを放った」と報じている。

フエンラブラダ戦のウエスカは、9試合ぶりの先発出場となったクリストが前半8分に先制点を挙げ、幸先良くスタート。すると同19分にも岡崎がセットプレーからダイビングヘッドで合わせてリードを広げる。最後までこの2点を守り切ったウエスカが勝利を収めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00250828-soccermzw-socc
続きを読む