元助っ人Jリーガー、母国帰還もコロナ「混沌」後悔 「日本からオファーあったが…」

1
2019年夏からJ2東京ヴェルディに所属していたブラジル人FWジャイルトン・パライバは、今年母国へ帰還したが、新型コロナウイルス騒動により複雑な心境を抱いているようだ。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、「日本サッカーから去り、ブラジルに戻った後、国の混沌とした状況を後悔している」と報じている。

29歳のJ・パライバは母国クラブを渡り歩き、2012年に中国の上海申鑫へ移籍。その後、中国2クラブでプレー後、トルコのゲンチレルビルリイSKを経て、2019年8月に東京Vへ完全移籍した。加入から短期間で結果を残し、J2リーグ戦11試合で4ゴールをマークしたが、今年1月に契約満了が発表され、母国ブラジルへ帰国している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00253718-soccermzw-socc
続きを読む