ザック氏、セリエA再開の動きに疑念「安全性を担保できるか不安。1人が感染すれば…」

1
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が19日、イタリア国営放送『Rai』のテレビ番組『ラ・ドメニカ・スポルティーヴァ』に出演し、リーグ再開について自身の見解を示した。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響により、セリエAは3月9日の試合を最後に中断。その直後には、ユヴェントスやサンプドリアなどで複数選手の感染も明らかになった。

依然としてイタリア国内でロックダウン(都市封鎖)が続く中、イタリアサッカー連盟(FIGC)はリーグ再開に向けたガイドラインを作成。『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、活動再開前の施設の消毒やPCR検査の実施、選手らをクラブの施設に滞在させるなど8つの方針が示したという。しかし、ザッケローニ氏は安全性に疑念を抱いている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/79c89894ddde7425994e98759741f1d42dc03fab
続きを読む