「中毒だったわけじゃないけど…」“悪童”ベントナー、8億円を失ったギャンブル生活を衝撃告白

1
デンマークの“悪童”が、その破天荒ぶりを表わすエピソードを告白した。

仰天エピソードを語ったのは、元デンマーク代表FWのニクラス・ベントナーだ。2005年にアーセナルでプロとしての人生をスタートさせた逸材として期待された大型ストライカーである。

アーセナルのほかユベントスやヴォルフスブルクなどでプレーしたそのキャリアは、どちらかと言え、ピッチ外で話題を集める機会のほうが多く、“悪童”としてのイメージが定着している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200516-00010005-sdigestw-socc
続きを読む