アンチェロッティ「プレミアに戻りたかった…やはりセリエAより快適」母国の問題点を指摘

1
エヴァートンのイタリア人指揮官カルロ・アンチェロッティが「イタリアよりもイギリスのほうが快適」との見解を示している。

アンチェロッティは昨年11月までナポリを率いていたが、チーム首脳陣との対立もあり、シーズン途中で解任の憂き目に。翌12月からイングランドのエヴァートンで指揮を執っている。

チェルシーを率いていた2011年以来、約8年ぶりのイングランド帰還となったが、アンチェロッティは『Sky Sport』のインタビューで「間違いなく、イタリアよりもプレミアリーグで監督をしていたほうが快適であり、楽しいね」と口にしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02d1c109c6345f38d5a68d5947986e6c7083e74c
続きを読む