Jリーグ無観客ガイドライン最終案 人数制限で選手20人、スタッフ12人まで…接触リスク最小化の運営検討

1
Jリーグが無観客試合を開催する際のガイドラインの最終案が判明した。感染拡大を防ぐためスタジアムの来場者数に上限が設けられ、各チームの選手、監督らの人数が制限されるほか、スポンサー、選手の家族などは来場禁止。報道関係者、看板設置業者などの人数も設定。J1~3全56クラブとの協議を経て、公表する方針。

欧州主要リーグのトップを切って16日に公式戦を再開したドイツ・ブンデスリーガ(ドイツリーグ)をモデルに無観客試合を開催、運営する指針がまとまった。可能な限り少ない人数で運営し、接触リスクを最少化するのが最大の狙いとなっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6cc9f6556a7077e1ce2700c0f4b57beb46587b97
続きを読む