「2度とそんなことするな」W杯試合中にファン・ペルシーが監督から殴られた理由

1
元オランダ代表FWのロビン・ファン・ペルシー氏が、2014年のブラジルW杯で当時監督だったルイス・ファン・ハール氏から殴られたエピソードを明かした。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

ファン・ペルシー氏は同大会でキャプテンを務め、累積警告で欠場した1試合を除く6試合に出場。得点ランキング3位タイの4ゴールを挙げ、オランダの3位入賞に貢献した。事件が起こったのは準々決勝のコスタリカ戦(0-0、PK4-3)。交代の指示を受け入れず、指揮官の怒りを買ったことが原因だったという。新たな自伝『LVG-監督とトータル・パーソン』の中で当時を振り返っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-43480509-gekisaka-socc
続きを読む