「嫌ってはいない」元マンC守護神が名将ペップからの“戦力外通告”を語る

1
2016年の夏、当時イングランド代表の守護神だったジョー・ハートは、約12年に渡って在籍したマンチェスター・シティからセリエAのトリノにレンタルで移籍した。

絶対的な守護神だったハートの去就は当然、大きな話題となった。その際に英メディアで退団の理由として挙げられたのは、同年の夏からシティの指揮官となったジョゼップ・グアルディオラが、自身のポゼッション・サッカーを完成させるべく守護神にも卓越したキック技術を求めたためだとされている。

しかし、真実は違うようだ。現地時間5月25日に英紙『Guardian』の取材に応じたハートは、現地メディアで「仲違いがある」とも指摘されたグアルディオラとの退団時のエピソードを明かした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/646b515966a63a6742498e8963dc2b2c5699eb2c
続きを読む