「ぜひ日本に来てほしい」 豪州代表GK、異国生活を礼賛「私のような外国人にも…」

1
J1名古屋グランパスに所属するオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックは、日本にすっかり心を奪われているようだ。今季で在籍3年目を迎えるなか、「一度日本に来てしまえば、住んでサッカーをするには本当に素晴らしい場所だ」と絶賛。さらに同胞の選手たちに対して、「機会があれば、ぜひ日本に来てほしい」と勧誘している。オーストラリアのサッカー情報サイト「The World Game」が伝えた。

現在31歳のランゲラックは、2018年にスペインのレバンテから名古屋に加入。Jリーグ1年目はリーグ戦全34試合に出場し、J1残留に大きく貢献した。2年目には元日本代表GK楢崎正剛から背番号「1」を受け継ぎ、不動の守護神として好プレーを連発し、33試合でプレーした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a562b757bb5c080869eea5621634cf632601056
続きを読む