鎌田大地は「日本の宝」 独紙特集…最終節にも期待「再び魔法を見せてくれるだろう」

1
フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、ブンデスリーガの公式サイトで32節のベストイレブンの1人に選ばれるなど、目覚ましい活躍を見せている。ドイツ紙「ビルト」は特集記事を掲載し、鎌田のパフォーマンスを様々なデータから検証した。

「アイントラハト所属の日本の宝、カマダのここがすごい!」と題された記事で最初に指摘されているのが、鎌田の出場試合数だ。今季のフランクフルトの公式戦で出場しなかったのは5試合のみで、フィリップ・コスティッチとマルティン・ヒンターエッガーに次いでチーム3番手となる46試合に出場。さらに、試合ではセットプレーのキッカーを任され、指揮官のアディ・ヒュッター監督から絶大な信頼を得ていることがうかがえる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20867cd85de865000061cd4ffb6f74f863b5a560
続きを読む