レヴァンドフスキが自己最多34点で3季連続の得点王…ミュラーが新記録21アシスト

1
2019-20シーズンのブンデスリーガは27日に全日程が終了した。

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、自己最多の34ゴールを決めて3シーズン連続5回目の得点王に輝いた。今シーズンは開幕11試合連続ゴールのリーグ新記録を打ち立てるなど絶好調。バイエルンを史上初の8連覇に導いた立役者となり、今シーズンのリーグ年間最優秀選手にも選ばれた。

なお、3シーズン連続の得点王は、46年ぶり史上2人目の快挙となった。バイエルンOBのゲルト・ミュラー氏が1971-72シーズンに歴代最多のシーズン40ゴールを記録し、1972-73シーズンは36ゴール、1973-74シーズンは30ゴールをマークして3シーズン連続の得点王に輝いていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0980168d2f8372dea091df6c0ece7adfda28f1b
続きを読む