PKでまさかの「ノールック」。フィルミーノ真似たホッフェンハイムFW、ドルトムント相手に1人で4得点も議論の的に

1
現地時間27日に行われたブンデスリーガ最終節でボルシア・ドルトムントと対戦したホッフェンハイムは、4-0で大勝した。この一戦で全ての得点を決めたFWアンドレイ・クラマリッチが話題になっている。ドイツ『スカイ』などが伝えた。

クラマリッチはクロアチア代表の29歳。2015年1月にレスター・シティに加わったが、同年夏に加入した岡崎慎司にポジションを奪われる形となり、冬にホッフェンハイムへ移籍した。

そのクラマリッチは、最終節のドルトムント戦で大暴れ。1試合4得点はクラブの歴史で初めてとのことだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/01cba408fa79821ac2ab4612665050c2c87f9e5b
続きを読む