吉田と冨安の日本代表DF対決がセリエAで実現!…ボローニャが再開後初勝利

1
セリエA第28節が28日に行われ、DF吉田麻也が所属するサンプドリアとDF冨安健洋が所属するボローニャが対戦。日本代表センターバック(CB)コンビの対決が実現した。

吉田はリーグ再開後、21日のインテル戦と24日のローマ戦で2試合連続のフル出場を果たしていたが、1週間で3試合目となる今節はベンチスタートとなり、74分から途中出場。一方、冨安は中断期間を挟んで6試合連続のスタメンで、右サイドバックでフル出場した。

【スコア】
サンプドリア 1-2 ボローニャ
【得点者】
0-1 72分 ムサ・バロウ(PK/ボローニャ)
0-2 75分 リッカルド・オルソリーニ(ボローニャ)
1-2 88分 フェデリコ・ボナッツォーリ(サンプドリア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c409cab1d2142254f1140ed0ee78eb798371de1b
続きを読む