遠藤航、昇格への貢献を地元紙評価。「今季の新発見。非常に価値ある存在」

1
ドイツ・ブンデスリーガ2部の最終節となる第34節の各試合が現地時間28日に行われ、2位を確保したシュトゥットガルトが来季の1部昇格を決めた。MF遠藤航も今季を通してチームの戦いに貢献したとして地元メディアから高く評価されている。

遠藤はベルギー1部のシント=トロイデンからのレンタルで今季シュトゥットガルトに加入。開幕当初は出場機会を得られず、リーグ戦初出場は11月3日に行われた第12節のディナモ・ドレスデン戦まで待たねばならなかった。

だがその2試合後のカールスルーエ戦で初先発に起用されると、そこから不動のレギュラーに到着。最終ラインまたは守備的MFとして、警告累積による出場停止1試合を除けばシーズン終了まで全ての試合に先発フル出場を続けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/34aa2dbdd77aadec27bc900590805d81ed3d6694
続きを読む