「完全に信頼を失っている」「本当に酷かった…」モイーズ、強豪チェルシー撃破もVAR判定に怒り心頭

1
3連勝中だったチャンピオンズ・リーグ出場権を争う強豪を下し、残留に向けて大きな一歩を踏むことができた。それでも、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督は激怒している。

7月1日に開催されたプレミアリーグ第32節で、ウェストハムはチェルシーにホームで3-2と勝利した。

42分にPKで先制を許したウェストハムだが、前半アディショナルタイムにトマシュ・ソウチェクのゴールで同点とすると、51分にミカイル・アントニオのゴールで逆転。その後、一度は追いつかれたが89分にアンドリー・ヤルモレンコが決勝点を挙げた。

シーズン再開後3試合目にして初、リーグ戦では2月1日のサウサンプトン戦以来となる4試合ぶりの白星を手にしたウェストハムは、降格圏と2ポイント差の16位に浮上している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ed36fc75e2b34591b8ff4920157f28597d3d070
続きを読む