「アジア最高の才能」「ベッカムに匹敵」中田英寿が残した衝撃を英誌が回想!“世界で最も市場性のある選手”と紹介

1
英国の老舗サッカー誌『FourFourTwo』が、元日本代表MF中田英寿の特集記事をサイト上に公開した。3月号に掲載されたものだという。

「日本でデイビッド・ベッカムに匹敵する人物。ヒデトシ・ナカタを偲んで」と題した記事は、「ソン・フンミン以前は、ローマのプレーメーカーで、ボルトンで物語が終わったナカタが、アジアで最高の才能だった」と綴り、そのキャリアを紹介している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63f15b24b2e47a86bdc70b3ed6258b01b65066d8
続きを読む