浦和R・ロドリゲス監督が母国紙に語る「日本は多くの人が思っているよりも…」欧州と大きく異なる点も明かす

1
浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督(47)がスペイン『マルカ』で日本サッカーの印象や自身の仕事について語った。

スペイン人のR・ロドリゲス監督は過去にU-17サウジアラビア代表、ジローナ(スペイン2部)、タイの複数クラブを率い、2017年に徳島ヴォルティスの指揮官に就任。ボールを保持しながら主導権を握るスタイルを浸透させ、昨季にチームをJ2初優勝と7年ぶりのJ1昇格に導いた。そして同シーズン限りで徳島を離れ、今季から同じJ1の浦和を指揮している。

「新しいチームにやってくることは常に大きな挑戦ですが、故郷から数千キロも離れた文化の異なる国でそれを行うことは、さらに大きな挑戦です。徳島での経験に続き、浦和は私にとって日本での2チーム目となります。この土地の特徴についてはだいぶ分かってきましたが、最初の数週間の仕事は非常にタフなものとなりました」

R・ロドリゲス監督が振り返る通り、浦和は第6節の川崎F戦(●0-5)で大敗を喫するなど、開幕からの6試合で1勝2分3敗と苦戦。それでも第7節からのシステム変更を機に今季初の2連勝を達成し、古巣戦となった11日の第9節・徳島戦(○1-0)で連勝を3に伸ばした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5f1d93619f9f3f4eb13d7b01483200d2a0a92b1
続きを読む