大迫勇也らがなぜベンチスタートに?現地メディアがブレーメン監督の采配に疑問

1
ブレーメンは10日、RBライプツィヒをホームに迎え、1-4で大敗。現地メディアではこの試合でFW大迫勇也らを先発起用しなかったフロリアン・コーフェルト監督の判断に疑問符が投げかけられている。

ミッドウィークのDFBポカールでのレーゲンスブルク戦に比べてメンバー5人を入れ替えたコーフェルト監督。ライプツィヒ戦では負傷のため欠場のDFルドヴィク・アウグスティンソン、警告累積で出場停止のMFマキシミリアン・エッゲシュタインのほか、MFケヴィン・メーワルトやFWミロト・ラシカ、そしてレーゲンスブルク戦でゴールを決めた大迫もベンチスタートすることになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4824ecef16bb5ce405ee22d0ae3d8203e8f3346e
続きを読む