シント=トロイデンの鈴木優磨が語るゴール量産の背景。「僕は誰よりも自分を客観視できている」

1
海を渡って2年目のシーズンを戦うシント=トロイデンの鈴木優磨が、ベルギーで圧倒的な存在感を放っている。33節を終えて17ゴールを記録。チームの残留に大きく貢献し、その才を満天下に示した。サッカーマガジンWEBではリーグ最終節(4月18日、アンデルレヒト戦)を前に単独インタビューを実施。ヨーロッパでベースを築いたストライカーは、これからが「本当の戦い」と語ったーー

https://news.yahoo.co.jp/articles/b69a932fe07af1eced5170d674ccea63b1b589a4
続きを読む