負傷離脱中のマンジュキッチが月給約3000万円を自主返上!ミラン会長は「倫理感とプロ意識の高さ」を称賛、財団寄付へ

1
プロアスリートにとって、ケガはつきものだ。負傷で戦列を離れていても、それは“給料泥棒”には当たらない。それでも、ミランのマリオ・マンジュキッチは、サラリー返上という決断を下した。

『Gazzetta dello Sport』紙などイタリア・メディアが現地時間4月16日に報じたところによると、マンジュキッチはクラブに3月の給料受け取りを辞退すると申し出たという。ミランのパオロ・スカローニ会長は賛辞を寄せている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c9af0419cc0899782704c0ab34b61d57586eb63
続きを読む