現地専門メディア記者が、セルティックに"推薦"する Jリーガーを厳選! 古橋の元同僚ら3人をピックアップ

1
日本代表FW古橋亨梧は、今夏にヴィッセル神戸からスコットランド1部セルティックに渡り、9試合で7ゴール・1アシストといきなり結果を残している。ただ、先日の日本代表の試合で負傷したため、現在は離脱中だ。

そんななか、現地専門メディア『The Celtic Way』のショーン・マーティン記者は、「セルティックの監督、アンジェ・ポステコグルーは、チームの問題を解決するため、来年1月に狙うことができるプレーヤーをリストアップしているはずだ」と指摘した。

「指揮官のポステコグルーは日本で横浜F・マリノスなどを率いていたため、Jリーガーには見識が深い。これまでにも、『キョウゴに続くさらなる日本人プレーヤーの獲得は可能性としてはゼロではない』と可能性を否定していない」

そこで同記者は、「セルティックが補強すべきなのは中盤の選手だ。いま抱えている選手だけでは欧州カップ戦を乗り越えられないし、冬に戦力が流出する可能性も否定できない、そこで、Jリーグでのプレーを読み解き、1月の移籍市場で獲得候補になりうるMFを3人をピックアップした」と綴っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/acf3d69ebe9342debe67e25dc46d53f38de4fd11
続きを読む