浅野拓磨に“煽り走り”のドイツDFに母国も喧々諤々「ハマンは黙れ」「いつもこの走り方だ」

1
サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本が2-1で強豪ドイツに逆転勝ちし、衝撃の番狂わせを演じた。一方、2大会連続で初戦黒星となったドイツはDFアントニオ・リュディガーの“煽り走り”が大きな話題に。元ドイツ代表選手による批判に対し、ドイツ国内では賛否が分かれる論争になっている。

問題となったシーンはドイツが1-0でリードしていた後半18分。ドイツのリュディガーはスルーパスに抜け出したFW浅野拓磨を追いかけた際、あからさまに両足を高く上げながら走って追いつき、浅野にボールを触らせず日本のチャンスを封じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b32def461fc005194c83867267440c8bd74913cf
続きを読む